四月は君の嘘の映画のネタバレと感想!評判と評価も紹介

この記事は3分で読めます

四月は君の嘘 感想

広瀬すずさんの主演映画である四月は君の嘘を観てきましたのでその感想を書きたいと思います。
また評判や評価も紹介します。

この記事には四月は君の嘘の映画のネタバレが含まれますので、今後観に行こうとしている方は注意してください。

Sponsored Links

四月は君は嘘のネタバレと感想


ストーリーの流れ



公生とかをりの出会い
    ↓
公生がかをりの伴奏で藤和音楽コンクールに出場
    ↓
ガラコンでの演奏
    ↓
かをりの病気の悪化
    ↓
公生のかをりへの告白
    ↓
公生の東日本ピアノコンクール
かをりの手術
    ↓
かをりから公生への手紙



ストーリーの感想

観た印象は原作を大事にしてストーリーが展開されていると思います。


特に前半〜中盤までは尺はもちろん短くはなっていますが、ほぼ原作通りに進んでいきます!

これは原作ファンにとってはうれしいですね。


原作を知っていて実写映画を観ていると原作のシーンが頭に浮かんできますが、映画との違和感を感じることはそれほどありませんでした。


個人的には映画版の四月は君の嘘の山場は前半の


かをりがヴァイオリン
公生がピアノ



を弾くシーン!


774_2


序盤できます!


このシーンは実際の映画の撮影でもラストだったようなので、広瀬すずさんも山崎賢人さんも気合が入っていのかもしれません。

実際に演奏もしていたようですし。


キャスト陣への感想


広瀬すずさんのかをり

原作よりお転婆や暴力性がやわらいでいる印象。
暴力上等・性格最低・印象最悪みたいな雰囲気はあまりなくかわいい女の子です。


ただかをりの


表のカラフルな部分
裏のモノトーンな部分



という感情は表現できていたのではないかと。

同世代でこの役をやる役者さんが探すのは難しいような気がします。


山崎賢人さんの有馬公生

山崎賢人さん演じる公生は


毎報音楽コンクールがない
ライバルの相座武士や井川絵美がいない
母親との関係が漫画よりマイルド



この影響でピアノよりかをりとの関係性の方をメインにしたような展開でした。


山崎賢人さんもう少し情けなくてよかったかな。
原作と違って、身長も大きいですし


かをりにしっかりと告白
東日本コンクールも自ら出る



と力強く宣言していますからね。

結構男らしいです。
原作ではいろいろぐちゃぐちゃ考えてましたけど笑


石井杏奈さんの椿

ストーリーの本筋ではない椿のシーンは大幅にカットされることが予想できましたが少ないシーンの中では


椿の活発な部分
公生を好きな自分にとまどう部分



が映画では出てました。


ただ意外にも公生を好きなことを友達に中盤位には打ち明けていました。

原作ではこの気持に気付くまで相当時間がかかりましたけどね。


Sponsored Links

中川大志さんの渡

無理かどうかは女の子が教えてくれるさ

この映画で渡はこのセリフに尽きます!


一番原作とシンクロしましたが、ちょっと印象としては薄いかな。


原作と映画の違い

原作と映画の違いについてまとめてみました。


毎報音楽コンクールがない

四月は君の嘘の映画には毎報音楽コンクールがありません。

そのためかをりが公生の本意気の演奏を聞いたのは藤和音楽コンクールでの一緒に演奏した1度のみ。

それだと少し悲しいですね。


中盤〜後半に向けて駆け足

前半〜中盤までは原作通りに話が進んでいきます。

ただ尺的に中盤〜後半はかなり駆け足になりましたね。


原作ではかをりの体のことは伏線がちょいちょいありましたが。

映画では急激に悪くなっていく印象です。


公生のかをりへの告白

公生は原作では好きだと直接的に告白はしていません。
それっぽいことはめっちゃ言っていますが。

映画では直接的にかをりに告白しています。

原作と映画では設定年齢が異なりますのでそれを考えるとアリだとは思います。


僕は外道なんだ

「僕は外道なんだ。」

個人的に原作で一番好きなシーン。
残念ながらこのシーンがありませんでした。


原作では日々弱っていき半ば諦めかけていたかをりを公生のピアノで立ち直らせる。
希望に溢れたシーンだったと思います。

映画でこのシーンがなかったのは少し残念でした。


母親の確執とトラウマ

公生がピアノの音が聞こえなくなってしまった要因になった母親との確執。

漫画やアニメではひどすぎ!!
と思いましたが、映画では流血することもなく、ピアノに厳しい母親くらいに感じました。

公生の葛藤するシーンも少し少なかったですしね。


四月は君の嘘の評判と評価は?

四月は君の嘘の評判と評価はというと

Yahoo!映画レビューで

2.81


これは少し低いですかね。

やはり原作が素晴らしすぎただけに実写映画はキャストやストーリーがどうあれ少し厳しい評価になってしまいますよね。


個人的にはこれまでに数々実写映画化された作品の中では相当いいと思います。


まとめ

実写映画はいつもいろいろと言われてはしまいますが、四月は君の嘘は実写映画化した作品の中ではかなりいい作品だと思います。


原作通りに進む部分も多く、またキャスト陣の演技も良かったと思います。


また最後の手紙のシーンは原作でチェックして内容知っているけど、泣けてしまいますね。


かをりが公生に宛てた手紙全文


素朴な疑問ですが、なぜ冒頭で宮園かをりがピアニカを弾くシーンで曲が「ハトと少年」じゃなかったんだろう。

Sponsored Links

■ こちらの記事もどうぞ♪
⇒四月は君の嘘の漫画とアニメをネタバレ!結末を紹介
⇒広瀬すずの出演映画2016〜17!最新作の予定は?
⇒広瀬すずと山崎賢人の熱愛の噂!映画やセブンティーンの共演で発展?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 広瀬すず 四月は君の嘘 完成披露試写会
  2. セブンティーン 広瀬すず 表紙
  3. 広瀬すず CM
  4. 広瀬すず ミスセブンティーン グランプリ
  5. 広瀬すず
  6. 広瀬すず クリスマス・イヴ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

目次

特集






記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。